トップ

不動産購入の最低限の資金

不動産の準備費用

相談

不動産の準備資金に必要な額

不動産の準備資金としては、手数料や税金などの諸費用が最低限必要です。諸費用は住宅ローンに組み込むことができないからです。諸費用の金額は、物件の売買価格のおよそ1割程度が目安です。それに加えて、普通は頭金を2割~3割用意します。金融機関によっては、住宅ローンを組むときに一定の頭金を要求されます。現在は頭金ゼロで住宅ローンが組める金融機関も増えているようですが、返済リスクが高まるのでオススメできません。頭金は最低でも1割は必要でしょう。つまり、不動産を購入するときは、準備資金として物件価格の2割は最低用意しておく必要があるということです。

物件購入時の準備資金

不動産購入時の準備資金は売買価格の2割程度は必要と言われています。頭金と、手数料や税金などの諸費用は住宅ローンに組み込むことができないためです。諸費用については、物件価格の1割程度がかかると言われています。頭金については、昔は2割~3割用意するのが普通でしたが、現在は頭金ゼロでも住宅ローンは組めるようになっています。しかし、毎月の返済の負担を減らすためや、住宅ローンが払えなくなったときのリスクを抑えるために、最低でも1割は用意しておくべきです。頭金ゼロで住宅ローンを組んだ場合、万が一返済ができなくなって不動産を売却することになったら、売却価格を住宅ローン残高が上回り、売却後も多額の借金をかかえるというリスクがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産購入の最低限の資金. All rights reserved.