トップ / 収益物件を上手く運用する

収益物件を上手く運用する

収益物件の選び方

相談

収益物件選びのポイント

毎月安定した収入が見込める不動産投資は、私的年金としても注目されています。収益物件を選ぶ場合、投資利回りと空室リスクに注目しましょう。 投資利回りとは、物件の価額に対する家賃収入を利回りに換算したもので、2000万円の物件で、毎月10万、年間120万円の家賃収入なら、6%と計算します。一方、空室になると家賃収入は0になってしまい、固定資産税や管理費用が出ていくばかりなので、空室リスクの対策が必要です。収益物件は、小さめのものを複数に分けて分散投資をするのがリスク対策として有効です。

ワンルームマンションを投資

賃貸マンションを1棟丸ごと買い入れると、返済金額が大きくなりますが家賃収入も大きくなります。場合によってはそのマンションの一部屋を自分たちの住居として使用すると、マイホームも一緒に手に入れることが出来ます。どの様な方法が良いのかを家賃収入と返済金額を比較して、最大のメリットとなる収益物件を探し出すことです。一戸建て住宅の場合は、2階建てとして、そのどちらかの階を賃貸で貸し出す方法もあります。借入金の返済も終わり子供が成人したら、二世帯住宅として利用できるメリットがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産購入の最低限の資金. All rights reserved.