トップ / 太陽光発電の農地転用

太陽光発電の農地転用

農地を太陽光発電に

相談

太陽光発電の農地転用が良い

農地で太陽光発電をすれば、土地の有効利用になるだけでなく、日本のエネルギー問題解決に一役買うことにもなりますね。休耕田や耕作放棄地などの土地を有効活用したいものですが、地目が農地となっている土地で農業以外のことを行うのは認められていませんし、他の用途に利用するために転用をする場合、許可を得なければいけません。この許可には時間と費用がかかります。しかし、太陽光発電のための転用は、一定の条件を満たしていれば届け出を提出するだけで、転用手続きなしに行うことができるようになりました。

一般住宅で太陽光発電をする利点

一般住宅で太陽光発電をするメリットは多く、まず、大幅に電気代を節約でき、発電余剰の分は電力会社に固定価格で買取りをしてもらう事が可能であり、日照時間が長い地域では売電量が買った電量を上回る事があるので黒字になる可能性もあります。そして、家庭で使用する全てのエネルギー源を太陽光発電や購入電力にしてしまえば、大幅に光熱費を抑制できます。更に、災害等で長時間にわたる停電が発生してしまう懸念があるものの、家庭向け蓄電池を設置しておけば数日間の停電でも問題無く過ごす事が出来るので生活に支障が生じません。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産購入の最低限の資金. All rights reserved.